北海道大学 大学院 生命科学院

  • English

記事詳細

求愛ダンスを見せびらかす小鳥のカップルたち

北海道大学大学院理学研究院の相馬雅代准教授らの研究グループは,ルリガシラセイキチョウ(以下セイキチョウ)が,第三者が存在するときにより頻繁に求愛行動を行うこと,また,第三者が同性より異性の方がより多く求愛することを解明しました。

他個体の存在によって行動の内容や量が変化することを観客効果といいます。本研究では,一対一のコミュニケーションが想定されがちであった鳥類の求愛行動において,求愛相手以外の第三者(観客)の存在がどのように影響するのかに着目し,観客効果を検討しました。 セイキチョウは社会的一夫一妻制の小鳥で,雌雄共に歌(さえずり)と「タップダンス」を組み合わせた求愛行動をおこないます。オスとメス 2 羽だけの状況と,近くに第三者が加わった状況とで求愛行動を比較したところ,第三者が存在する状況下でより多くのダンスが見られました。ダンスは第三者ではなく求愛相手に向けて頻繁に行われていたことから,この行動は 2 羽の関係を周囲にアピールし,求愛相手をライバルから守る・雌雄間の絆を深めるといった機能を果たしていると考えられます。

この成果は,第一著者太田菜央の生命科学院生命システム科学コース博士課程在籍中になされた研究の一部です。なお,本研究成果は,米国東部時間 2018 年 10 月 3 日(水)公開の Science Advances 誌にて公開されました。

(研究論文)

論文名 Couples showing off: audience promotes both male and female multimodal courtship display in a songbird (見せびらかすカップル達:観客個体の存在は歌鳥雌雄で交わされる複雑な求愛行動を促進する)
著者名 太田菜央1,2,Manfred Gahr2,相馬雅代3(1北海道大学大学院生命科学院,2マックスプランク鳥類学研究所,3北海道大学大学院理学研究院)
雑誌名 Science Advances(Science 姉妹誌)
DOI 10.1126/sciadv.aat4779
公表日 米国東部時間 2018 年 10 月 3 日(水)(オンライン公開)

2018/10/4 プレスリリース ダウンロード

Copyright(C) Hokkaido University All right reserved.