北海道大学 大学院 生命科学院北海道大学 大学院 生命科学院

記事詳細

記事詳細

愛情ホルモンが左右するメダカの異性の好み~オスとメスで逆に働くオキシトシン~

 

北海道大学大学院薬学研究院の横井佐織助教,岡山大学大学院自然科学研究科の竹内秀明特任教授/東北大学大学院生命科学研究科教授(併任)及び基礎生物学研究所などの研究グループは,メダカが親密な異性を好むか否かをオキシトシンが制御していることを明らかにしました。

メダカのメスには「そばにいたオス」を目で見て記憶し,そのオスの求愛を積極的に受け入れる傾向がある一方,オスは親密度に関係なくメスに求愛します。本研究では,「愛情ホルモン」として知られるオキシトシンに着目し,メダカでの異性の好みに対する効果を検証しました。オキシトシン遺伝子を壊したメダカを用いて実験をしたところ,メスではオスに対する好みが消失し,見知らぬオスを積極的に受け入れましたが,オスでは三者関係(オス,オス,メス)において,初対面のメスには無関心である一方,親密なメスに対してはライバルオスを追い払ってメスのそばにいる様子が観察されました。ヒトなどでは,オキシトシンには親密な他者に対する愛着を強める働きがあるとされていますが,メダカのオスでは逆に愛着を下げる方向に働くことが明らかとなりました。このことから,オキシトシンが動物種や性別によって「愛情ホルモン」以外の働きを持つと考えられます。

行動異常を示したメダカの脳ではいくつかの遺伝子の発現量に顕著な変化があり,その遺伝子はヒトにも存在したことから,メダカの基礎研究からオキシトシンが親密な他者に対する愛着を制御する仕組みや性差を生み出す仕組みが明らかになることが期待されます。

なお,本研究成果は2020年2月18日(火)公開のProceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載されました。

論文情報
論文名 Sexually dimorphic role of oxytocin in medaka mate choice(メダカの配偶者選択におけるオキシトシンの性的二型)
著者名 横井佐織 1,2,成瀬 清 2,亀井保博 2,安齋 賢 2,3,木下政人 4,水戸麻理 5,岩崎信太郎 5,6,井ノ上俊太郎 1,奥山輝大 7,中川真一 1,Larry J. Young8,竹内秀明 3,9(1北海道大学大学院薬学研究院,2 基礎生物学研究所,3 東北大学大学院生命科学研究科,4 京都大学大学院農学研究科,5 理化学研究所,6 東京大学大学院新領域創成科学研究科,7 東京大学定量生命科学研究所,8エモリー大学ヤーキース米国立霊長類研究所,9岡山大学大学院自然科学研究科)
雑誌名 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(米国科学アカデミー紀要)
公表日 2020 年 2 月 18 日(火)(オンライン公開)

2020/2/28 プレスリリース ダウンロード

Copyright(C) Hokkaido University All right reserved.