北海道大学 大学院 生命科学院

  • English

Headline news

サイエンストピックス

ニワトリ胚の卵巣発達には男性ホルモンが重要

2017年02月03日
男性(雄性)ホルモンは,オスらしさをつくるために重要な働きをもつことが知られています。ニワトリにおいても,トサカや骨格筋の発達,生殖や行動などのオスらしさをつくることがわかっています。しかし,卵から雛がかえるまでの胚の時 […]
さらに読む
ニワトリ胚の卵巣発達には男性ホルモンが重要

最小オープンリーディングフレーム「AUG-stop」を介した リボソームを舞台とした新たな遺伝子発現制御機構の発見

2016年10月24日
遺伝子の中でタンパク質のアミノ酸配列を規定する領域をオープンリーディングフレーム(ORF)と呼びます。翻訳開始コドン(AUG)と翻訳終止コドン(UAA, UAG, UGAのいずれか)のみからなる配列は,考えうる限り最も小 […]
さらに読む
最小オープンリーディングフレーム「AUG-stop」を介した リボソームを舞台とした新たな遺伝子発現制御機構の発見

「頭を冷やす神経」がゴキブリにもあった! —巨大神経が記憶中枢の興奮状態を調節—

2016年10月05日
「頭を冷やして出直してこい」と言われた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。沢山の感覚情報を処理したり、いろいろなことを考えすぎて煮詰まると,脳は疲れてしまいます。この興奮した脳を“冷ます(沈静化する)”働きをするのが […]
さらに読む
「頭を冷やす神経」がゴキブリにもあった! —巨大神経が記憶中枢の興奮状態を調節—
Copyright(C) Hokkaido University. All rights reserved.